コレステロールは減らすことはできる

健康診断で「悪玉コレステロールが高いですよ!」言われてしまったら!焦りますよね。

悪玉コレステロールが高いまま放置しておくと色々と病気の元になってしまいます。

健康になるために悪玉コレステロールは減らし、善玉コレステロールは上げるような生活を送るためのヒントを掲載します。

高脂血症とは

血液中のコレステロールや中性脂肪などの脂質が増えすぎた状態を高脂血症と言ってきましたが、最近では脂質異常症と呼ばれるようになりました。というのは高脂血症という呼び方では悪玉コレステロールや中性脂肪が増えすぎることが原因と勘違いされるからです。コレステロールにはLDLとHDLがあり、前者が悪玉、後者が善玉と呼ばれます。体の各所にコレステロールを運ぶのが前者、余計なコレステロールを回収するのが後者、ということからHDLが善玉と呼ばれるようになったのです。それぞれの役割から考えると容易にわかるように、LDLは増えすぎるとドロドロ血液になりますし、逆にHDLが少なすぎても余計なコレステロールを適切に回収できないので同じようにドロドロの血液になってしまうのです。このようにHDLが少ないことでもドロドロ血液になることから高脂血症から脂質異常症という名称に変更したのです。

脂質異常症の原因は食事と運動不足と言われますが、遺伝性のものもあります。自覚症状はなく、血液検査で知ることができます。脂質異常症は動脈硬化など様々な病気への罹患のリスクを高めるので、予防的見地から定期的に血液検査を伴う健康診断などを受けて健康状態を維持することです。

にんにくのまるごと揚げが悪玉コレステロールにいい

にんにくをまるごと揚げるお料理を自宅でやる方は結構少ないかもしれません。

飲み屋さんとかで、たまに食べると本当に美味しいですよね!

 

あのにんにくのまるごと揚げって、コレステロールを下げるには非常に優秀な食べ物なのです。

コレステロールを下げるサプリメントにもにんにくを使用しているものがおおいのは、にんにくが非常に沢山の抗酸化パワーを秘めているからなのです。

 

にんにくには豊富なビタミンB1があり、疲労回復や、滋養強壮に役立ちます。

そして、含硫化合物のがあり、アリシンアホエン、スコルジンがあります。

アホエンはコレステロールの値を下げてくれるので、結果として動脈硬化の予防になります。

スコルジンは血流をサラサラにしてくれる効果があるので、悪玉コレステロールが高い人にはもってこいの成分です。

 

前途でもありますが、にんにくには強い抗酸化パワーがありますので、からだの「サビ」にあたる、活性酸素を排除して、老化を防いでくれるのです。

その他にも、ビタミンCなどたくさんの成分が入った栄養満点の食べ物です。

 

作り方

  • 余分な皮を剥く
  • にんにくの芯をとって、中央にしっかりと空間をつくる。
  • 油(コレステロールゼロのものなら尚可)を入れた鍋で120度くらいでにんにくをまるごと揚げる。
  • 気泡がたくさん出たら弱火にして、低音でしっかりときつね色まで上げる。
  • 一つとって、日が中まで通っているか確認して、OKなら全部とって、油を切る

 

たべすぎはよくありませんが、たまにたべようにすると、スタミナもつくしおすすめですよ

 

 

ストレスからなる病気

ストレスはコレステロールの増加を促します。

LDLコレステロールの増加は様々な病気の原因となることが知られています。特にストレスそれ自体を大きく抱え込むこと自体がうつ病などの発生原因となりますが、それ以外にもたとえばストレス発散と称して、食べ過ぎたりあるいは飲みすぎたりすることで、肥満症になることがあり得ます。

ほどほどのストレスであればかえって健康にいいという話もありますが、行き過ぎれば体には毒です。しかも食べ過ぎ等で肥満症になると、肥満自体が病気を引き起こす一つの原因になってしまいます。たとえば脳梗塞や脳出血などの脳卒中、血圧も上昇することで、高血圧による心筋梗塞なども可能性が出て来てしまいます。

脳梗塞などの脳卒中は運動が必要なこともあり、食事療法や運動が必要ということで対処する方法がいくつかありますから、適切な体重管理を行って血圧も上昇することを抑えて、健康に生きていくことは可能です。血圧も運動や食事習慣を改めれば、相応に数値は低下していくとされていますので、すべてが食生活と運動習慣等に集約される話となります。

これらはいったん病気になってしまうと、薬や場合によっては手術などにより対処しなければならなくなりますが、事前に病気を防ぐということで、食習慣の見直しと運動習慣により、健康に生活を送ることが出来るというわけです。

ストレスで食べ過ぎたりしえて、肥満症などになり、悪玉のコレステロールが万が一増えてしまったら、減らす努力をするべきです。

ここには悪玉コレステロールを下げる方法が掲載されています。善玉コレステロールを増やす方法もありますので、参考になります。